« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

特訓開始

好奇心が全く無いみそ君のため、自由への道を自分で切り開けるようにしてみました。

ステップ1

Miso0104

ご飯で釣る(全く気づかずdown

 

ステップ2

Miso0105p

「みそ~」と呼んでみるも、何故か必死で毛繕いcoldsweats01

 

ステップ3

Miso0106p

勝手に頑張り始めたみそhappy01

何度も懸垂を繰り返した後、無事に脱出できましたが

 

Miso0107

プラケースを片付けられた衝撃sign02で硬直・・・。

 

放牧までには当分時間が掛かりますねぇ、やっぱりgawk

| | コメント (0)

過去最弱・・・

Miso0103

先日お迎えしたみそ君。

ありとあらゆる音、物にビビリ、飛ぶわ固まるわで大変wobbly

床材が減ったからと少し足すと「知らない匂い~」と匍匐前進。トイレも怖くて近寄れない、えさ皿も怖くて近寄れないcrying

ひどい時には明かりが点いている時間は全く出てこない→当然しっこ失敗、飲まず食わずdown

もはや散歩は諦め、掃除の時間にプラケースに移動させるだけの触れ合い(往復抱っこ出来ますが)のみ。

とにかく環境適応出来るまで、待つしかないなぁとthink 寂しい話です。

 

ここから下はおいも自身の話(備忘録?)

去年ですが紆余曲折の末“線維筋痛症”と診断されました。どうやら難病らしいのですが、幸いなことに軽症の方だし、どうしてもその病院(医師)と治療を進めていく気になれなかったので(たった1粒の薬で死を選びたくなるほどの強烈な副作用を体験&東京なので遠い)、かかりつけの医師に無理を言って、自己管理(責任)という形で痛み止めを出してもらい、代替療法であるストレッチをしたりマッサージに通っていました。

が、やはり限界なのかあちこちに支障が出始めたので、再度病院探し。しかし、診てくれるという正式な登録病院は本当に少なくて、神奈川県内でもたったの4箇所。おまけに遠いsign03 仕方ないので登録外でも通えそうで診てくれるという内科へ行ってきました。

漢方にも精通している先生で、お腹を触って「あなたはこのタイプ」と示された書物の頁に書いてある症状すべてがあてはまるeye

とりあえず今飲んでいる痛み止め+漢方薬で少しずつ改善していくことになりました。後は「頑張ったらダメ、無理してもダメ」と。結構うつ傾向が強いようで、これ以上ひどくなると心療内科の部類になるといわれました。そうは言っても頑張らないと家事が片付かない日もあるんだよねぇって思いましたがcoldsweats01

後は採血の結果待ち。来月の通院日までに少しでも良くなっているといいなぁ・・・。

 

現況:ノイロトロピン朝1錠、加味逍遥散エキス顆粒朝晩各3g 

| | コメント (0)

そろそろ

遅ればせながら、今年もよろしくお願いします。

 

実は「ハムの居ない新年なんて嫌だ~sign03」ということで、年末にお迎えをしておりました。10日以上たったので、そろそろ大丈夫かなぁと(急死経験アリの為、公表は慎重派)。

 

Miso0101

 

大晦日に我が家にやってきたので名前は“みそ”

見た目と全く関係なしの名前なので、もんのすごく違和感アリですがcoldsweats01

体重が78gでしたので、生後1ヵ月半ぐらいとみて、推定誕生日を11月15日にしました。

ショップには男の仔が2匹いました。もう1匹は赤目ちゃんだったので、選択肢はみそのみ。女の仔だったらキンクマさんが居ましたが、未だに子宮蓄膿症の恐怖から開放されていないので、またもや男の仔となりました。

店員さんに「神経質だけど、落ち着いているときには抱っこ出来ますよ~」と言われたので覚悟はしていましたが、マジで超神経質wobbly 下痢とかで大変なことにならないかとヒヤヒヤしっぱなしです。

お迎え初日はおトイレ完璧だったのに、日を追うごとにだだ漏れcrying ハウスでする仔はよくいましたが、あちこち好き勝手にする仔は初めて・・・。毎日掃除が大変。

 

そして最近

Miso0102

野良寝までするようにdown

 

鷲掴みは出来ないけれど、両手抱っこは平気な“みそ”と、バタバタ楽しく過ごしています。

| | コメント (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »