« ぱくりん、むーの元へ・・・ | トップページ | ぼちぼち »

楽しみだったのね・・・

昨日は辛くてどうしても書けなかったことを・・・

ぱくりん、夕方から何も口にせず、ハウスから顔だけ出して、とろとろ眠っていました。頑張って乗り越えて欲しい気持ちと、今までの経験からお別れが近いのだという気持ちがぐるぐるめぐっていました。

そしていつもの放牧時間。彼女は目も開けず、ふらふらの状態なのに、いつものようにハウスの上へよじ登ったのです。驚いて「大丈夫なの?」と声を掛けても全く聞こえていないようで、臥せっては毛づくろい、壁にもたれかかっては毛づくろい、と放牧準備をしていました。「いくらなんでも絶対出さないよ!」と言ったのですが、ハウスの上でず~っと横になっていました。そして娘達の放牧が終わりハム部屋の消灯時間になると、今度は下におりて、ハウスの中へ入り、また顔を出して眠り始めたのです。

彼女のどこにそんな力が残っていたのか不思議でした。でもそれほど放牧が楽しかったんだろうなぁと思うことが出来ました。むーもそうでしたがギリギリまで放牧に出掛けられて良かったのかも・・・と。

やっぱり今日も辛いですね・・・。

昨夜は

Sa1601

珍しく、里芋さんが慰めてくれました。

落ち込んでばかりいて大事な娘達の異変を見逃したら大変だから、と思い何とか前を向いていこうと思っています。

コメント、有難うございます。お返事遅れますがお許し下さい。

|

« ぱくりん、むーの元へ・・・ | トップページ | ぼちぼち »

ペット」カテゴリの記事

コメント

ぱくりん、お散歩が本当に好きだったんでしょうね…
ギリギリまで、大好きなことができてぱくりんは幸せですねclover
今頃はお空でむー君と一緒に並んで走り回っているかもですね!
三角関係も心配ですが・・・(苦笑)

おいもさん、ここに訪れてる皆さんは返事を急いだりしていないですよ!
ゆっくりとお気持が回復されるまで、おいもさんのペースを守ってくださいwink

それにしてもハム達も何かを感じ取る力があるのでしょうね。
里芋ちゃん…胸にきゅんときましたcrying

我が家も誕生日が近い11ハムが居るので、立て続けに・・・
そう思うと切ないですheart03
ぐれちんと里芋ちんがハム生いっぱい生きる姿を
今後は見守らせていただきます。

むー君、ぱくりん、そして悲しさいっぱいの中報告してくださったおいもさん、
心からありがとうございます

投稿: ゆかり | 2008年4月14日 (月) 11時19分

ぱくちゃんの力ほんとビックリしました。
最後の最後まで心配かけまいとおもったのでしょうか?
ハムは体は小さいけど隠された大きな力を持ってる動物なのかもしれないね。
むーくんぱくちゃんと続いて辛く悲しい中の報告残されたハムへの配慮、有難うございます。

投稿: どんぐりのママ | 2008年4月14日 (月) 12時18分

ぱくさんの事、本当に残念です・・・。しかしおいもさん宅で温かく見守られながら素敵な家庭を築き、ハム生をまっとう出来たことは、この上ない幸せだったのではないでしょうか。別れは辛いですが、それ以上の喜びや幸せを与えてくれますよね。
おいもさんもきっとお疲れの事と思いますが、どうかお身体にお気を付けて・・これからもまた楽しみにブログ拝見させて頂きますね♪

投稿: ちょこまま | 2008年4月14日 (月) 23時13分

容貌に似合わないパワフルなパク
最後は感動的な仕草で旅立ったのですね。
おいもさんも徹夜の身体的な辛さ以上に
精神的にここ1週間は辛かったと思いますが
グレや里芋を見て元気を取り戻してください。

投稿: うし | 2008年4月15日 (火) 08時18分

>ゆかりさん

最後に「放牧楽しかったよ」と言いたかったのかなぁ。もしそうだとしたら飼い主冥利に尽きますね。今頃は時間制限無しで走り回って、齧りまわっているかな。
ぐれ、里芋も姉妹なので同時期に、と考えると怖いです。でも今を一緒に楽しまないと、むーぱくに怒られてしまいますね。


>どんぐりのママさん

私も驚きました。でもこの時「ぱくりんらしいなぁ」とちょっとだけ笑うことが出来たんです。
ちっこい生き物ですが、未知なるパワーを持っているのかもしれませんね。


>ちょこままさん

短い間の辛い記憶だけを思い出すのではなく、長~い間の楽しかった記憶を大切にしたいと思います。本当にいろんな悪戯をして、笑わせてくれましたから。


>うしさん

見た目は美ハムなのに、やることが兄貴って感じですね。
ぱく似のぐれとむー似の里芋、これからも仲良く楽しく過ごしていきます。

投稿: おいも | 2008年4月16日 (水) 11時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ぱくりん、むーの元へ・・・ | トップページ | ぼちぼち »