« 手が | トップページ | 急変、その後 »

突然の別れ・・・

今日14時少し前に、我が家の大黒柱“むー”が旅立ってしまいました。




昨夜も大好きなビタシロを相方からもらって、てけてけ散歩していたのに・・・。


何がなんだか分からないです。

偶然ですが、今日は別のハムの命日でした。2匹仲良く(男同士ですが)お空へ帰っていったのではないか、と思っています。


昨日の記事のコメントへの返事、少し時間を下さい・・・。

|

« 手が | トップページ | 急変、その後 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

えっ!ビックリしてます。
おいもさんも突然のことでむー君とのお別れを受け入れるのに時間はかかるとことだと思います。
お歳だったのかなあ?
お空で以前飼ってたハムちゃんとの再会を楽しんでると思いますよ^^
元気だしてくださいね。お返事など気になさらずにね^^

投稿: どんぐりのママ | 2008年4月 7日 (月) 20時43分

突然のお別れはツライですよね。
私も、昨年末と、今年の年始と
たて続けに突然のお別れでした。
そのショックは今でも消えず、
ハムたちが静かだとコワイです。

でも病気で長わずらいでもなく、
それはそれでシアワセなのかも
知れないですね。

もちろん残されるほうはスゴク
ツライですけど、元気だして。

むーちゃん、名前がウチのネコ
と偶然おなじですね。またね。

投稿: ビショップ | 2008年4月 7日 (月) 22時18分

お久しぶりです、2度目のカキコになります。
むー君の事、何て言葉をかけていいのか・・・我が家も昨年愛ハムを亡くしてから、いつも本当に楽しくブログを拝見させて頂いてました。
予想もしてなかったお別れだけに悲しみも大きいでしょうが、いつもおいもさん・相方さんから愛情をたっぷり注がれ、むー君は幸せだったと思います。
愛ハム家として、いつも遠くから見守る事しかできませんが、これからも良いハムライフを送れる事を心よりお祈り致します。

投稿: ちょこまま | 2008年4月 7日 (月) 23時46分

なぜなのでしょう…。
最近毎日のようにお空へ引っ越しちゃったハムちゃんの日記が続いてますweep

むー君との突然のお別れになんとお声かけしたらよいのか…
でもハム生を満喫し、おいもさんと相方さんにたくさんの愛情を
注いでもらったこと、今頃お空で自慢しているかもですね。

おいもさんも心身お疲れのことでしょう。
ゆっくり復活されてください。

むー君のご冥福をお祈りします。

投稿: ゆかり | 2008年4月 8日 (火) 00時53分

びっくりしました。
突然のお別れは気持ちがついていきませんね・・
おいもさん自身も呆然としているのでは・・?
むーパパのおかげでパパ似の可愛い娘を譲っていただき、楽しい日々を過ごさせていただいてます。
感謝するとともに、むーパパのご冥福をお祈りいたします。

投稿: あん | 2008年4月 8日 (火) 12時55分

むーちゃん、いきなりでしたね・・・
家も芽依がいきなりだったもので、
未だに実感がつかめない今日この頃。
おいもさんのお気持ちよぉ~く解ります。
しばらく、ご休養なさってください。

むーちゃん、お疲れ様。
優しいパパ、ママやかわいいお嫁さん、子供達に囲まれて幸せなハム生でしたね。
家の子たちの子孫を残してくれてほぉ~んとうにありがとう。

ご冥福をお祈りいたします。

投稿: ねね | 2008年4月 8日 (火) 16時53分

突然のことで驚いています。
元気そうだったので・・・
いきなり過ぎて悲しいと思いますが、大黒柱のむーくんはおいもさんたちに大変な看病させないようにって決めていたのでしょうね。
さすがです!
きっとお空でもみんなのこと見ていますよ!
お辛いと思いますが、ゆっくり元気になってくださいね。
むーくんのご冥福お祈りいたします。

投稿: ハムママ | 2008年4月 8日 (火) 17時38分

昨晩からむうの急な死で落ち込むと
ともに自分自身ハムへの対応により気を
使うようになりました。むうちゃんの
ように明日がわからない命、大切に
しなくてはと思い今の2匹目
のハムに接し始めました。
おいもさんが殊更に可愛がっていたむうちゃん
の死、たいへんご愁傷様です。
おいもさまに飼われたむうちゃんは幸せだった
と思います。死に至るまでの病苦の時期や
老衰への苦痛も短かったと逆に考えて、つらい気持ちをのりこえて下さい。

投稿: うし | 2008年4月 9日 (水) 06時55分

>どんぐりのママさん

まだまだ一緒にいられると思っていたのですが・・・。最後の姿があまりにも綺麗なままだったので納得できないでいます。


>ビショップさん

初めまして、でしょうか?
コメント有難うございます。
“ハム達が静かだとコワイ”本当にその通りです。せめて覚悟の時間が欲しかったと思う私はダメな飼い主かもしれませんね。
むーという名前、どうしても思いつかなくてお婿さんだから“むー”ということに。発想がね。


>ちょこままさん

お久し振りです。
あまりに突然でこんな失い方をしたことが無いので、今も理解できないでいます。
でも彼が残した3匹の家族を大切にすることが一番の供養になる、と頑張ります。


>ゆかりさん

何故なのでしょう、春は出会いの季節なのに・・・。
お空で「いじられまくりだったよ~」なんて報告しているかもしれませんね。お迎えした男の仔のなかでは1番馴れてくれたので、ついつい。


>あんさん

頭の中が混乱していて、行動もぬけて、2度手間になることだらけです。
そっくりむ2ちゃん見ると、むー君いい仕事したねって思います。


>ねねさん

何だか所々記憶がすっぽり抜けてしまったようです・・・。
大好きなぱくりんを残していくのは悔しかっただろうなぁと。
そして連れて行こうと?したので全力で阻止しています。


>ハムママさん

私たちも本当に驚いています。
看病=もっと触られる~と敬遠されたのでしょうかね。でもまだ早すぎる・・・。


>うしさん

私が気付かなかっただけで、むーは何かを発していたかもしれません。そう思うと申し訳なさで一杯になります・・・。
病院知らずで完璧な箱入り息子でした。


皆様、あたたかいお言葉、本当に有難うございました。

投稿: おいも | 2008年4月10日 (木) 01時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 手が | トップページ | 急変、その後 »