« のどかな風景 | トップページ | 放牧中のむー »

昨日の今日

昨日の記事で“誰も闘病生活してない”な~んて書いたばっかりなのに・・・。

P3007

またもやこの方(足が全く見えないですよ)。

夕方のお世話時、ハウスから出てきたぱくの右目が目やにで塞がっておりました。
「どうしたー!」と動物病院へGO!またもや角膜にキズ・・・。前回は縦にパックリ傷でしたが、今回は中心にちょっぴり傷。
獣医さんと「何が原因なのかなぁ」と会話。爪の長さは問題ありませんでした。「心当たりは?」と聞かれてもさっぱり。「可能性があるとしたら、匂いつけが激しくて勢い余ってすっ転んでいることかも?」としか答えられませんでした。またもや目薬投薬生活の始まりです。

おいも、ハム飼育暦来月15日で丸7年ですが“角膜に傷を付ける”というのはぱくが初めてです(ぐれもやってしまいましたが)。正直何に気をつけたら良いのか分からなくて、戸惑っています。今はとにかくストレスを与えないよう、素早く目薬投与することに徹します。

|

« のどかな風景 | トップページ | 放牧中のむー »

ペット」カテゴリの記事

コメント


 本当に原因はなんなのでしょうね?
 動物病院でも分からないことってありますよね。
 うちはココアだけ3回連れて行ったことあるけど、2度は単なる心配症でした。

 まだ治りかけてなかったのかな?
 早くよくなると良いですね。

投稿: ココア | 2007年8月29日 (水) 02時02分

原因が分かれば対処出来るのに~と、もどかしいです。幸い今回も目薬が効いたようで、昨夜から目やには出なくなりました。
早く治って~、そしてもう傷付けないで~。

投稿: おいも | 2007年8月29日 (水) 09時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« のどかな風景 | トップページ | 放牧中のむー »