« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

ぱく

P1113 昨日の体重146g、変化なし。せっかくの発情日だというのに、誰にも誘われないぱく。何か後姿が寂しげに見える・・・。ごんたのことを思っていてくれるとうれしいんだけど、残念ながらハムスターの記憶力は・・・。

| | コメント (4)

ぱく

P1112 ついに出た、最強策!サークルにビニ板を取り付けてみました。齧られなくなったのはいいのですが、まるで風呂に入って対策を考えているような姿・・・。しかし退屈そうにも見えるので、つい「ごめん」と謝ってしまった。でもね、歯の不正咬合を防ぐため仕方ないのよ~、分かって。

| | コメント (2)

ぱく

P1110 P1111 またもやサークルに近づいてきたぱくをティッシュペーパーの芯でつついていたら、最後には乗っかって怒って齧っていた。怖~。

| | コメント (2)

ぱく

P119 ごんたの為に作ってあったハウスが1つ残っていたので、避難場所として提供してみました。やっぱり・・・しばらくは「何だ、こりゃ」と匂いを嗅いだり、中に入ってぼーっとしてみたりしたのですが、結果はいつも通り。早くサークル齧りに勝るおもちゃを用意しなければ!

| | コメント (0)

ぱく

P117 P118 残っていた紙砂で遊び場を作ってみました。しばらくは掘ってみたり、齧ってみたり、毛づくろいしてみたりと楽しそうでしたが・・・。やはりサークル齧りに勝るものではなかったらしい。また負けた。

| | コメント (0)

ぱく

P115 P116 えさ入れで気を紛らそうと置いてみましたが、あまり食欲をそそらないペレットの瓶だったため瞬時に飽きられました。そしてやっぱり戦いを挑むので、やむなく布を押さえていました。疲れる・・・。

| | コメント (0)

ぱく

P114 サークル齧り防止のために布を掛けてみました。だがしかし・・・しばらくは「何だろ、これ」と大人しく可愛く遊んでいたのですが、齧るのに邪魔だと気づいたのか戦いを挑み始めた。またもや知恵比べに負けてしまった、明日こそ!

| | コメント (0)

ぱく

P113 昨日の体重146g、かろうじて巨大化は避けられた。体はかなり重いと思うが、なぜか箱の上に乗ってちょっとうれしそうな顔をしている。ゴールデンハムスターって明らかに登る体型じゃないのに何故登りたがるのか?あんなに短い手足で・・・。

| | コメント (4)

ぱく

P111 P112 昨日はぱくぷーの発情日。彼女は発情するとなぜかビビリになり、あまり悪戯しない。おいものそばをやたらウロチョロしているし、呼べばちゃんと見てくれる。いつもこうだと安心して放牧出来るのになぁ~と思うけど、やっぱりやんちゃなぱくぷーも可愛い。結局どっちも可愛いさ!

| | コメント (0)

おいも

ごんたが居なくなって1週間経ちました、でも何ヶ月も何年も経ったようです。ようやくぱくだけのご飯を作ることに慣れてきました。6月21日にぱくがやってくるまで1年近くごんた1匹分のご飯を作っていたんですが、たった3ヶ月弱で感覚が鈍ってしまった。2匹それぞれ分量が違うのでけっこう時間がかかっていたのに、今はあっという間に出来上がり。「ペレットなかなか減らないなぁ~」なんてつぶやいてます。ごんたの介護に備えて紙砂(6ℓ×5袋)、ハムスターセレクション(ペレット)、ハイペット+α(栄養補助食品?)を買っておいたのですが、ほとんど使いませんでしたので食べ物はぱくが頑張って?食べています。多分太りますね。それにしても彼女はごんたが居なくなったことに気づいているのだろうか?「最近ご飯の種類が多いわ~」ぐらいしか思っていないだろうな、きっと。

| | コメント (2)

ぱく

P1014 ガリガリとサークル齧りが激しいので、布でくるんでみました。しばらくはもぞもぞしていましたが、そのうち出口を見つけて出てきました。この顔がまた可愛いの何のって。

| | コメント (0)

ぱく

P1013 昨日も安上がりのおもちゃで遊んでいらっしゃるぱくちー。この新聞は万一放牧中に害虫に襲われたときに備えて、すぐ戦えるように握りやすく丸めて置いています。でもハムスターが中に入ることは想定外!?です。早く涼しくなってほしいなぁ。

| | コメント (3)

ぱく

P1011 P1012 つまらない置物に畳の縁齧りを邪魔されたのが悔しいのか、知恵を絞っていろいろ戦いを挑んでいる。真っ先に怒りの矛先が向かったのは箱のようです。ボロボロに食い散らかしています。掃除機かけたばっかりなんだけど・・・。

| | コメント (0)

ぱく

P1010 とうとう部屋の隅っこの畳の縁を齧り始めたので、捨てられない飽きられた回し車を箱ごと置いてみた。まんまと引っかかって中に潜り込んでいきました。今までは齧らなかったのに何で急に?ごんたが居なくなって「私がやらねば!」な~んて思ったのか?居間の4隅の畳の縁はボロボロです。我が家へやってきた全てのゴールデンハムスター達が、何故か皆協力?し合って少しずつ齧っていきました。賃貸なんだけどな~。

| | コメント (2)

ぱく

P109 昨日はぱくに飽きられた回し車の隣に空き箱を並べ、彼女の興味を引こうとしてみました。でもやっぱり速攻で飽きてしまいサークルをガジガジ齧っていました。「それは歯に悪いから止めなさい」と言ってこっちを見て聞いてくれればラッキー、いっつもシカトされてます。何かいいアイデアないかなぁ。 でも目が離せない彼女のおかげで、おいもは泣く事を少しの時間忘れることが出来ます。ぱくには本当に感謝ですね。春先あまり活発でなくなっていたごんたも、ぱくが来てから放牧中とても元気に動き回るようになったから。ぱくはごんたにとっても、おいもにとっても愛しい女神です。

| | コメント (0)

ぱく

P107 P108 昨日の体重146g、変化なし。たった1日で飽きてしまった小さな回し車をサークル登りブロックに使ってみました。が、本当に邪魔そうでした。結局登るための足場になってしまった。

| | コメント (0)

ごんた

今朝ごんたはお星様になりました。あまりに突然でした。いつものように朝のおやつをあげようと呼んだのですが、ハウスの中で横になったまま荒い息をしていました。それからわずか30分程で逝ってしまいました。もしかしておいもが起きるまで待っていてくれたのでしょうか・・・。昨夜はビタシロップを美味しそうにガブガブ飲んで「放牧~」とハウスの上によじ登ったりして、まだまだ元気あるなぁと安心していた分「何で!」ってショックでした。ハウスの中を調べたら大好きなご飯は全部食べてあったので、それだけは良かったな~と。2歳5日という短い年月でしたが、ごんたは幸せであったのかなぁ?おいもだけがごんたに幸せにしてもらっていたのかなぁと考えてしまいます。ごんたがあまりに可愛くて始めたおいもにとっては楽しいブログですが、今日だけは書くのが辛いです。でも最後にごんたを送り出すのも大事なことと思い、書きました。“たくさんの思い出を有難う、ごんた”

| | コメント (2)

ぱく

P105 P106 ぱくを迎える前に用意していて結局使わなかった回し車を思い出し、ちょっと置いてみました。ぱっと見で「ちっさい車、何でこれがリスにも使えるの?」とメーカーさんに突っ込みたくなりました。案の定いろいろトライしていたぱくでしたが、中に入ると半分以上ハムスターで埋まるという状態で回すのは至難の業。すぐに飽きてしまって報われませんでした。ぱくはちょっぴりデブですが、普通サイズのゴールデンハムスターの大人でも無理だろ~。

| | コメント (0)

ごんた

G173 朝の可愛らしいごんたです。先日気になることを主治医にメール相談したら、「3日程薬を止めて様子を見ましょう」との事。なので昨日の夕方から薬は止めました。彼は若かりし頃理由も無くおいもをよく噛みましたが、今回10回の投薬中全く噛みませんでした。イヤな事をされるとわかっていても、威嚇したり手を振り払ったりするだけだったんです。彼の目の前に手のひらを出して抱っこするときは覚悟しましたが、匂いをかいで嫌そうな顔をするだけで噛みませんでした。これって多少はおいもを信用してくれているのかなぁ。ますますごんたが大切な存在になりました。

| | コメント (0)

ぱく

P103 P104 昨日も新たな戦いに挑むぱくちー。おデブちんだから登れまいと思っていたら、何度かチャレンジして結局登ってしまい大慌て。でも写真は失敗して格好悪いところです。本当に油断できないな~、この仔は。

| | コメント (0)

ごんた

G172 投薬後、口直しでコーンを銜えています。両足が曲がってしまう少し前からごんたのケース内はとてもシンプルで、ハウスとえさ皿しかありません。トイレも好きな場所で出来るように外しましたが、元々置いてあった場所でしています。やっぱりハムスターってきれい好きです。

| | コメント (0)

ぱく

P916 一方元気なぱくちー。サークルを齧ったり登ったりするとおもちゃを貰えると思ったのか、やたらと齧るは登るはで大変。しかもおいもの方をチラチラ見たりする。どんどん知恵が付いている、困った~。ハムスターってご飯や遊びに関しては本当に賢い気がする、どうすれば自分の思い通りになるのか覚えていく。

| | コメント (0)

ごんた

G171 やはり昨日も引きこもっていました。写真は薬を飲ませるためにプラケースに入ってもらっているところです。くやしい事ですが、今朝見てみると左手まで曲がり始めていました。どうしてこんなに急に進行し始めたのか?半年以上右足をかばってきた負担が一気に出たのか、年齢的なものなのか・・・。動かない部分が増えるたびに食事量が減っていきます。でもあげたご飯は一晩かけてすべてハウスの中に持ち帰っているごんたぼん。今はとにかくカロリーを取ってもらうため、甘いペレットを多めに入れてます。

| | コメント (0)

ぱく

P101 P102 最近ごんたが放牧へ出ないからか、やりたい放題のぱくちー。トイレ休憩を挟んで何度も放牧へ出掛けています、と言うか寂しいのでおいもが出してしまうんですけどね。サークル登りをブロックしてみたら、おいもから見えない場所で服をひたすら齧っていました。悪知恵の働く女だわ~。

| | コメント (2)

ごんた

またもや引きこもりのごんたぼん、さみしいなぁ。抗原虫薬の投薬予定は金曜日の夜までなので、あと半分。ごんたもおいももお互い少し慣れてきました。非常時の為に買っておいたビタシロップを、薬を入れた直後に口にたらしてあげます。するとわりとすぐにご飯を口に入れるようになりました。つらい投薬ですが実際軟便で汚れた床材を見なくなったので、効果が出てきているようです。ステロイドに関しては進行速度を遅くするのか?まだわかりません。

| | コメント (0)

ぱく

P914 P915 最近サークルを齧ってばかりで歯に悪いので、仕方なくえさ入れのケースを遊び場に提供してみました。予想通り興味津々で、しばらくはおとなしく遊んでくれました。しかし埃よけの布を齧ったり、密封容器のゴム部分を齧り始めたので強制退去処分となりました。また何か遊び場を考えないと・・・。

| | コメント (0)

ごんた

G1610 今日はごんたの2歳の誕生日です、おめでとう~! 昨日は放牧へと出かけたごんたぼん。でも外へ出すときにおいもがケースに手を入れたら、ものすごい顔をして威嚇した。わかっていてもやっぱりショック・・・、愛ハムにこんな顔をされるなんて・・・。放牧はちょっと動いては休憩という感じでした。右足の症状の進行は遅かったのでごんたも上手く順応出来たのですが、左足はかなり早くて時々上手く動かないのか引きずったりしています。上半身と意気込みは元気そのものなので、付いてこない足がもどかしいと思っているのかもしれません。

| | コメント (2)

ぱく

P912 P913 何故か激しく「放牧~」とアピールしているぱく。いつも言ってるけど女の仔なんだからさ、もうちょっとさ・・・。そんなに暴れなくても毎日出しているじゃんか~。トイレに左足はまってるよ!危ないな~。

| | コメント (0)

ごんた

昨日写真は撮れませんでした。外へは出たそうでしたが、おいもが「行くよ~」と声を掛けると「くつくつ」歯軋りして引きこもってしまった・・・。おそらく原因は“抗原虫薬”かなと。これって確か恐ろしく不味い(苦い?)んですよね。以前いた仔に軟便対策で飲ませた時、ハンストを起こされて獣医さんと相談して投薬をあきらめたことがあります。ん~、他のお家ではどうやっているんだろう?今朝は忘れて「おやつ~」って出てきたので、可愛そうですが捕まえて飲ませました。その後しばらく口がまずくなるのか、おやつを銜えては捨てるという事を繰り返していました。そして不味いペレットが大量に残してある・・・。今夜は出てくるのか?

| | コメント (2)

ぱく

P910 P911 昨日の体重144g、やはりこのぐらいが彼女のベストのようです。またもやいたずら中のぱくちー、でもごんたが呼ぶと「何?」って感じで振り返りました。可愛いよ~、何でそんなにラブラブなの?

| | コメント (0)

ごんた

G168 G169 昨日の体重150g、減ってしまった。確かに左足も曲がり始めてから不味そうなペレットを残すようになったからなぁ。美味しいご飯をもっと増やさないと。昨日の放牧はちょっと運動エリアを制限して、お腹をこすっても痛くないよう新聞紙をひいてみました。しかしものすごく嫌がるので結局いつもどおりの放牧に・・・。今日は午前中に昨日のブログに書いた動物病院へ行ってきました。足はやっぱり“リュウマチの可能性”があるので、ステロイドで進行が遅くなるのか様子をみることになりました。レントゲンを撮ったのですが、関節にぼんやりと影が・・・。やっぱり治らないんだなと納得しました。軟便ですが、ハムスターが元々持っている原虫が休眠状態でたくさん居るとのこと。年齢的に抵抗力が落ちていて仕方ないようで、虫を減らす薬を飲むことに。いくら可愛くても“年”には勝てないんだなぁ。この病院もごんたへの対応がとても丁寧、それプラス説明が分かりやすいので安心しました。状態の報告はメールでもOKとのこと、なので病院を替わろうと考えています。

| | コメント (0)

ぱく

P98 P99 ぱっちりカメラ目線で超可愛いぱくちー、そしてマッチョなぱくちー。しかし悲しいかなおいもの写真の腕は下手っぴ、せっかくのプリティモデルも台無しだ~。

| | コメント (0)

ごんた

G167 ずり落ちないようがっちりつかんだ左手が可愛いごんた。脚の状態が進行しても相変わらず元気です。ですが以前から気になっていた時々夜遅い時間にする少量の軟便について、別の動物病院へメールで問い合わせてみました。とても丁寧な回答を頂いたので、ごんたには申し訳ないのですが明日にでも行ってみようと考えています。せっかく元の生活に戻りつつあるところですが、少しでも良いほうへ向かえばと思います。移動時間は今までの病院の半分程ですみそうです。

| | コメント (0)

ぱく

P97 放牧をしていたら、やたらと自分のケースをペタペタ触っていた。「しっこなの?」と聞いて抱っこして戻したら、ハウスへ一度入ってその後トイレへダッシュ!我慢しておいもに訴えていたのか~と猛反省。しっこが終わってからすぐ放牧へ出していますが、どうしても20分しかもたないみたい。そろそろ大人だし、もう少ししっこの間隔が開くと思っていましたがなかなかそうなりません。当分2度放牧が続きそうです。

| | コメント (0)

ごんた

G166 のろのろではありますが、いつも通り放牧を楽しむごんた。脚が心配なのですが、彼自身が「外へ行きたい」と騒ぐ限りは放牧を続けるつもりです。“脚が上手く動かない”というストレスがあるのでは?と思いますが、それプラス“放牧へ行けない”というストレスを与えるわけにはいきません。見た目ほどごんたはつらく感じていないことを願っています。

| | コメント (0)

ぱく

P96 大嫌いなハムスターボールに入れられた上、動けないように固定されてごんたとデートしたぱくはイライラ。その矛先はシュレッダーの取っ手に向けられました、おいもじゃなくて良かった~。しかしこれではぱくの体に悪いので、いつもより長時間放牧してみました。これで誤魔化せたかなぁ。

| | コメント (0)

ごんた

G165 何故か超・暴走日、かなり早い時間からハウスの上で放牧待ちをしていました。外へ出してしばらくの間はのたのた歩いていたのですが、突如絶叫し始めてよたよたと走り出しました。「脚を大事にしろー」と言っても通じるわけも無いので、勝手に放牧時間を短縮しました。写真は暴走の合間に仮設トイレに手をかけて休憩しているところです。そういえば前回の暴走日は大人しかった、完全に動物病院のストレスから開放されたのかな?

| | コメント (2)

ぱく

P94 P95 久しぶりに関心を示して突っ込んでいらっしゃいました。怪我の心配の無い遊びならいくらでもどうぞ~。しっかし相変わらず可愛いお尻だなぁ。

| | コメント (0)

ごんた

G164 とうとう左後ろ足にも同じ症状が出始めました。夕方覗いてみるとなにやら歩き方が変で、よ~く見ていると右足がおかしくなり始めた時と同じ状態でした。今年初めに動物病院で「治りません」という診察結果を聞いたときに自分なりに覚悟はしていたつもりでしたが、実際症状が進むのを目の当たりにして動揺しました。ですが放牧時間になるといつものように「出して~」って騒ぐし、今朝起きてすぐに様子を見に行くとハウスから出てきて「おやつ~」と騒ぐのを見て少しだけほっとしました。安静にしてて欲しいのはやまやまですが、本人がやりたいように見守るだけです。昨日のデートはぱくには悪いのですが、ボールを固定していました。

| | コメント (0)

ぱく

P93 新しい遊びを開発中?のぱくちー。パイプに乗りたいようですが、その体型じゃあ無理だと思われます。過去ここに乗れたのは1匹しかいません、それも小さな仔。いくらマッチョでもねぇ。

| | コメント (0)

ごんた

G163 まだ新しい空間に慣れていないようで、しばらく立ち止まっていました。ごんたは動物病院へ連れて行くとその後しばらくご機嫌ななめになるのですが、昨日やっといつもの彼に戻りました。不機嫌中は掃除の時に手を噛みにきたり、放牧へ行きたくても絶対手に乗らなかったりします。よっぽど嫌いなんだろうなぁ。でもハムスターってすぐ忘れるから良かった。

| | コメント (0)

ぱく

P91 P92 いつもの齧りポイントへ一直線!したものの棚が無い・・・。何で?どういうこと?って思っているような立ち姿です。

| | コメント (0)

ごんた

G161 G162 リフォームしてみました。一番下の棚を上にずらして、広々した空間を提供。でもえさや道具を入れていたケースを部屋の掃除、放牧の度にどけなければならなくなった。はっきり言って少々めんどくさい。ごんたも居心地が悪いのかすぐに走り去ってしまった。そしてケースが置いてある前で佇んでいた。

| | コメント (0)

ぱく

P814 昨日の体重142g、減った?誤差? いつものように齧ってよだれまみれの顔を撮ったつもりですが、下手っぴでした。右のほっぺの辺りの毛が濡れて固まりになっています。今日はリフォームだ!

| | コメント (0)

ごんた

G1513 昨日の体重156g、増えたかな?誤差かな? そして暴走日。放牧中、やたらぱくのハムスターボールに寄って来るが「中身入ってませんよ~」。別にいじわるしている訳ではありません。ごんたの脚の負担を考えてデート時間を短めにしただけです。なのに今朝見てみるとやっぱりトイレを移動させていた・・・。“安静”ってハムスターには有り得ない。

| | コメント (0)

ぱく

P813 またもや違う場所をかじるぱくちー。歯のために良くないんだよなぁ、本当に対策を練らないとダメだぁ。大体よだれでどろどろになって出てくるから、可愛くない!ハゲるぞ!

| | コメント (0)

ごんた

G1512 昨日の夕方ごんたを覗いてみると、歩くたびに右にコロコロと転がっていた。右後ろ足が悪いのでとうとう上手く歩けなくなってしまったのかと見ていたが、どうしても不安・・・。10分程様子を見ていたが、前回の診察から半年以上たっていることもあり動物病院へ行くことに。まだ暑いのでタクシーで行ったのですが、ラッシュの時間で道路はのろのろ。後悔との戦いでした。診察を受けましたが、結局脚に関しては“変化なし”。ちょっと痩せているので太らせるようにとのことでした。ん~、そして帰りもラッシュ。ごんたに余分なストレスをかけてしまった!と更に後悔してました。早まったなぁ。本人はというと、相変わらず放牧を楽しんでいました。今までハムスターを診てくれる動物病院をいろいろ探して通ってきましたが、心から信頼できるところには行き当たってないのが現実です。

| | コメント (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »